手汗の改善には制汗剤と食生活の改善

 昔から手汗に悩まされてきました。子供のころには特に支障はなく、手汗も気にすることは無かったのですが、社会人になると仕事や、対人関係などで握手をする機会が増え自分の手汗がとても気になるようになってきました。特に指摘してくる人はいなかったのですが「もしかして嫌な思いをしているのではないか」と想像をしてしまい、手で相手に触れるのに躊躇してしまうのです。これでは社会生活に支障が出ますので、手汗を改善する努力をすることにしました。
 先ずは原因を探りました。体質もありますが、ストレスも原因となっているようです。ストレスによる交感神経への刺激で汗が出るそうです。たしかに手汗がひどくなってきた頃は部署も変わり、仕事にプレッシャーが増えたころです。まずはこれを解消することから始めました。無理して仕事をせず、他の人にも仕事を回すようにし、趣味のフットサルの時間を増やすようにしました。
 次は制汗剤です。どれが良いのかは分からず、恥ずかしかったのですが、ドラッグストアにてどれが効果がありそうか聞いてみました。おすすめされた制汗剤は値段は少し高かったのですが、とても使いやすいものでした。手汗が発生したら困る場面の直前に短い時間で使えるので便利でしたね。私が買ったのはこちらです⇒デトランスα 通販
 最後は食生活の改善です。「タウリン」という成分には交感神経を抑える作用があるらしく、これを多く含んだものを食べる事にしました。調べてみると、「はまぐり」のタウリンはかなり多いそうです。それを知ってから「はまぐり」をできるだけ口にするように心がけるとともに、発汗作用がある香辛料や肉類は避けるようにしました。はまぐりは焼いたりシチューにしたりと意外にたくさんの調理法があり、飽きませんでしたね。
 これらの対策を3か月ほど続けた結果、驚くほど手汗の改善が見られました。今までは自分で手を握っただけでもすぐに汗をかいていたのに、それは無くなりました。自然と自分に詩人が出て、握手などもできるようになってきました。
手汗の改善には結構な努力が要りますね。